蓄積型体験学習支援システム

蓄積型体験学習詳細

6w0d2さんの記録 2017年12月30日(土)
体験分野 その他の実習 活動の名称 野外体験実習 実施施設・機関等 野外体験実習(茂木小学校)
実施日 2016年11月30日~2016年12月2日 実施時間 実施回数:3回  実施時間:15時間

活動内容の概要
・トレッキングにおけるサポート
・調理におけるサポート(包丁の使い方等)
・アクティブ活動におけるサポート
活動の総括
1、「積極的なコミュニケーションをとる」について
野外体験実習では、子どもたちとコミュニケーションをとる機会が多々あった。そのなかで言いたいことを伝えること、読み取ることを意識していた。というのもそのような過程を踏まえることで、子どもとの信頼関係は築くことができると思ったからだ。3日間をとおして、改めてコミュニケーションをとることの重要性を感じた。

2、「適切な指導について学ぶについて」
子どもたちと生活、活動するなかで自分が指導を行う場面が多々あった。私が気をつけたことは、一方的な指導にならないようにするということだ。子どもは子どもなりの考えをもって行動しているはずである。命の危険がある場合を除いては、子どもの言い分をしっかりときくようにし、そのあと指導を行うよう心がけた。

←戻る

トップページへ戻る

ID:
パスワード:

ガイド
PDFダウンロード
  • 現在登録されておりません。
 一覧を見る
リンク

長崎大学教育学部附属教育実践総合センター事務室 〒852-8521 長崎市文教町1-14 TEL 095-819-2291 FAX 095-819-2292
Copyright© 2005 Faculty of Education,Nagasaki University.All Rights Reserved